ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

内藤大助VS亀田大毅

先日、注目の亀田家んも次男の大毅選手の世界タイトルマッチがありました。

結果は周知の通り、内藤選手の勝利に終わりました。
ボクシングの記事がスポーツ紙の一面を飾るなんてよっぽどのこと、
いちボクシングファンにとってとっても有意義なものになったと思います。

ただその試合の内容といったら、世界タイトルマッチとはお世辞にもいえないというのが、世の中の評価のようです。

試合前日の共同記者会見も良くない、

試合は反則だらけ、

まーまだ18歳、若いから、若気のいたりもまだ許せる(もちろん許せないというのが大多数とは思いますが・・・)、

最後には戦ったチャンピオンに対してなにもないし、

応援してくれた観客にも何もなし・・・   

戦い終わった後、最後くらい、

「今までは失礼しました」でも、
「ありがとうございました」でも

頭を下げるのが、お互いにがんばってきたもの同士のマナーというか常識なのですが、
非常に残念でした。

亀田選手の実力は如何に、というのが今回のタイトルマッチであり、初の日本人対決だったので、注目される中、プレッシャーは相当あったと思いますが、
で、終わって、結局こんなものか彼の実力は、・・・終わった後に礼儀を正せば、ただこれだけで終わったところなのですが、今回それだけでは終わらなくなってしまいましたね。

ボクシングだけ教えて、世の中で生きていくための、礼儀なり常識なりを、教えてこなかった父親にすべての責任がある様な気がしてなりません。

選手はがんばった、がんばりましたが残念な結果しか残らなかった、今回世間からはたたかれましたが、まず本人が何かを感じていればと思います。

またこれをバネにしてまた表舞台にのし上がってきてもらいたいものですね。
・・・いばらの道とは思いますが、期待しています。
[PR]
by daichi_net | 2007-10-13 10:11 | ボクシング