ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

クロストランスファー効果とは

クロストランスファー効果とは、
加圧トレーニングの直前直後に実施する筋群にも、
その筋肥大、筋力向上効果が転移されるという

「効果転移」のことです。

先日、ボクシング+加圧トレーニングを行いましたが、
ボクシングの直後に行った加圧トレーニングは、
そのクロストランスファー効果を狙ってのものでした。


ボクシング前での加圧トレーニング、

シャドウボクシング中の加圧、

サンドバッグ打ちでの加圧、

ミット打ちでの加圧、

練習後の加圧

などいろいろなケースにて、数名の選手で試み、私自身の体でも試みた感じでは、
ボクシングの競技特性から、

ジムワーク(練習)後の加圧トレーニングが有効な感じでした。


これについては実感というのが大きく、
数字で表して効果というものがはっきりと示されたわけではありませんが、
練習後の加圧以外では、
フォームの乱れが生じることが多く、
集中力も切れるのが早く、
クオリティーの高い練習がこなせないので、
仕上げとして行うのがいいという結論になりました。
これはあくまでも、ボクシングというスポーツの上では、ということです。

パワー系のスポーツや、陸上競技など耐乳酸性を高める種目では、ベルトをした状態で競技に応じた動きを行うのも効果的ですね。


今後も、加圧トレーニングとのコラボでも企画をしていきたいと思います。
[PR]
by daichi_net | 2007-11-29 16:03 | 加圧トレーニング記事