ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今朝の新聞記事から思うこと10/23

今朝見たニュース、新聞記事から思うこと。


015.gif救援失敗クルーン激怒、実松責めた/CS

チームスポーツで大事なことは、やはりチームワーク。
昨日のプロ野球の、セリーグクライマックスシリーズでは、ドラゴンズが勝ちましたが、
最後はジャイアンツの守護神であるクルーンが、打たれましたね。

上記の記事を見てみると、

キャッチャーとのコミュニケーションを無視し、
個人プレーに徹してしまったための結果ですね。

タイガースは1ステージでドラゴンズに負けてしまいましたが、
最後は押さえの藤川選手が打たれました。
岡田監督は「藤川が打たれて負けたのだから仕方ない」と言いました。
果たしてジャイアンツは、そんなクルーンが打たれて負けたらどうなのでしょうかね。

ジャイアンツは外部から来た選手が多く、今後が心配ですね。



022.gif星野氏がWBC監督固辞、HPで表明

また野球についてですが、
あくまでも私個人の考えになりますが、
野球に関わる監督、トレーナー、および指導者とでもいいましょうか、
自分の経験論を選手に押し付ける傾向にある方が、
多いのではないかと危惧しています。

先日、野球についての勉強会に参加した際も、そういった話が出てきました。
プロに入って、こうしろあーしろと言われて、
つぶれてしまった選手が多いとのことです。
選手にも自分の感覚があり、
少しのつもりで動作を改善の指導をしてしまったことにより、
その感覚が崩れる、なんてことが多いようです。

私は星野監督は嫌いではないですが、
イチローはじめ選手は星野監督に違和感を感じていたのではないでしょうか。
昔と違って、今の選手は主張するので、感覚の違いはなおさらですね。

私は良くこう言います。
「選手は生ものだから、その時その時にいいモノを引き出してあげなければならない」
トレーナーのエゴによった指導により、多くの選手が影響を受けます。

これは治療にあたっている私にも言えることで、
こうすれば治る、ということに固執して押し付ける治療をしてしまうことが
ないよう気を引き締めねばなりませんね。

自分のしていることが、いいのか悪いのか判断するのは
自分ではなく選手ですから、指導する、治療する側は
振り返って考えるときが必要だと思います。
[PR]
by daichi_net | 2008-10-23 13:54 | 日々つれづれbabaの日記