ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

自立について その2

013.gif疑似科学やオカルト… なぜ、だまされるのか?

昨日、私が言っていた

”自立”をする、させる

に似たような記事を見ました。
そこでは、

「あの人の言うことだから、本当だろう」という主体性の放棄も、自らの心をだます行為だ。「自分の目でしっかり確かめ、自分の頭で判断する習慣を」と呼びかける。」
例えば医師が、「ヘルニアがあるから、脊柱管狭窄症があるから痛い」
と言われればそう思い込んでしまうでしょう。
実際は、ヘルニアがあっても痛みがなくなる場合(ヘルニアがなくなったわけではないのに)は多いのだが、医師に「手術が必要」と言われれば、自分の治癒力で治そうなどとは思えなくなりますね。

それから、

「もし霊が目に見えるのならば、霊そのものが光を発しているか反射しているはず。「たたる」には記憶や認識といった高度な仕組みを持った有機体でなければならない。霊を信じるかどうかは個人の自由だが、「科学的な意味では存在し得ない」と断言する。

 科学技術が進歩したこの時代に、人はなぜ、「スピリチュアル」にはまるのか。安斎さんは、それこそ、「なぜ」と問う力が弱まっているからだと嘆く。
・・・(中略)楽して得を取りたいという「欲得」と「思い込み」、それに「非合理的思考」が結合するとき、人はとめどもなく危うい「だまし」の深みにはまっていく、と安斎さんは警告する。」

そうなのです。
自分で考えることの大事さが分かりますね。

でも、「一人で何でもできる」がいい訳ではないのです。
人には適材適所があります。
各々が得意分野を持っていますから、助け合っていければいいのではないでしょうか。
[PR]
by daichi_net | 2008-11-21 14:23 | 日々つれづれbabaの日記