ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

インフルエンザとタミフル追記

前回の追記です。

インフルエンザ発症後、タミフルを48時間以降に投与を開始した場合の有効性に関しては裏付けが無い。
これは、本薬はウイルスが新たに拡散するのを阻害する薬剤であって、
既に増殖したウイルスを失活させる効果がないからである。

幼児・小児など免疫力が弱い者にタミフルを投与し続けた場合、ウイルスの淘汰に時間がかかるため、その間に体内のウイルスがタミフルに対して耐性を持つとされている。そのため小児への投与は慎重に行う必要がある。

「タミフル」の全世界での使用量のうちおよそ75%を日本での使用が占めており、世界各国のうちで最も多く使用されている上、同2位のアメリカ合衆国と比べ、子供への使用量は約13倍とされる。これは2003年頃にインフルエンザ脳症の危険性が大きく報道されて国内での使用量が急増したことに加えて、国民皆保険制度により患者の金銭負担が少なくて済むことも原因である(「タミフル」は高価なため、海外では富裕層でないと使えない)。



まとめますと、
・発症後48時間以内に服用で効果あり
・前回の日記で、小児に対してはインフルエンザ脳症との関係を記しましたが、
 逆にウイルスに対する耐性を持ってしまうという側面もある
・全世界で75%を日本で使用しているだなんて、びっくりですね。
・上記の青字にはありませんが、タミフルを服用しての効果は
 一日(24時間くらい)症状の回復が早くなるというものです。
 


小児のインフルエンザ脳症、高齢者の肺炎によって死亡もありえると考えた時、
保護者にはその選択が迫られます。

ただし、いろいろな意見があるので参考にしてください
タミフルは服用しない派、浜六郎先生の意見その①その②
浜六郎先生に対する反対意見その① 古い順にしてからみるといいです。

非常に”楽しく”、”為”になりましたので、見てみてください。

ちなみに私自身だったら、私の抵抗力VSウイルス、戦いますよー(笑)
[PR]
by daichi_net | 2009-01-30 18:42 | 日々つれづれbabaの日記