ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

予定は入れません

今年から接骨院は日曜日休みにしています。

karada+と同じく休みを一緒にしたのですが、
日曜日といえば「学びの日」と化しています。
先日もトレーナーの佐藤さんと一緒に講習会に参加してきました。
毎度毎度ですが、楽しい学びとなっています。
お蔭様で、講習会やら学会やらその他もろもろで、
3月まで日曜日は予定がびっしりです。

そんなこともあり、祝日は予定を入れていません。
今日と3月にも祝日がありますのでその時はゆっくりしてやりますよ058.gif

なので、今日は走ります!



009.gif減量は尿失禁改善に有効

これまで観察研究や小規模試験などで、肥満は尿失禁のハイリスク因子である一方、減量による減少効果も認められており、Subak氏らは、尿失禁治療目的の減量効果のエビデンス確立を目的とする無作為化臨床試験を行った。

介入による両群の体重の平均減量率は、介入群8.0%(7.8kg)、対照群は1.6%(1.5kg)。

6ヵ月後の失禁回数/週は、介入群は47%減少、対照群は28%減少していた(P=0.01)。対照群と比較すると介入群では、腹圧性尿失禁の頻度の減少が大きかった(P=0.02)。切迫性尿失禁についてはそれほどでもない(P=0.14)。また介入群では、全失禁(P<0.001)、腹圧性尿失禁(P=0.009)、切迫性尿失禁(P=0.04)で、臨床的に意味のある70%以上の減少が確認された。

Subak氏は本試験結果によって、中程度の減量がもたらす健康改善の新たな改善項目の一つとして、尿失禁を加えることができるだろうと結論している。




前回同様に肥満の話です。
太っていて良いことなしですね。

最近よく聞く話ですが、くしゃみとか咳の時に一緒におしっこがピュッをでてしまう女性が増えているということをよく聞きます。
皆様どうでしょうか?
痩せることを意識するあまり、食事制限→体重減少→筋肉が痩せる→特に胴体部分のインナーマッスルの低下、分かりやすく言うと、骨盤底筋群(特におしっこ我慢筋)が低下することによってピュッということが抑えられないようです。
話によると、それをガードするためにパンツの中にお漏らし対策に何か入れているとか。
うーむ、信じられないことですがあるようです。
[PR]
by daichi_net | 2009-02-11 12:56 | 日々つれづれbabaの日記