ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

腰痛記事

今日二度目の日記になります。

面白い記事がありましたので、目を通してください。

006.gif腰痛の画像検査は無用?

重篤な基礎疾患のない腰痛患者に画像検査を行っても臨床転帰は改善しないことが、アメリカ・オレゴン健康科学大学のRoger Chou氏らが実施したメタ解析で明らかとなった。Agency for Healthcare Policy and Research(AHCPR)ガイドラインは急性腰痛発症1ヵ月以内の画像検査を否定しており、*重篤な基礎疾患を示唆する臨床所見(いわゆるred flags:癌、感染症、馬尾神経症候群など)のない慢性腰痛には画像検査を行うべきではないとするガイドラインもある。しかし、現実には患者の要望などもあってルーチンに施行したり、臨床所見がないのに行われる場合が多いという。Lancet誌2009年2月7日号掲載の報告。

即時的な腰部画像診断施行群と非施行群で、短期的(3ヵ月以内)および長期的(6ヵ月~1年)な解析の双方において、腰痛と腰椎機能障害の発症には有意な差は認められなかった。そのほかの評価項目についても、有意差を認めたものはなかった。
・・・中略
著者は、「重篤な基礎疾患のない腰痛患者に対し画像検査を行っても臨床転帰は改善しない。それゆえ、重篤な基礎疾患を示唆する所見のない急性、亜急性の腰痛に対するルーチンの即時的な画像検査は止めるべき」と結論し、「不要な画像検査を避ける一方で、患者の要望を満たし満足度を向上させる腰痛評価法や患者教育の戦略を確立する必要がある」と主張している。


腰痛の場合にレントゲン等の検査をする場合、*印の下線にあるように癌、感染症、馬尾神経症候群などの有無の確認の為に行います。
下線の馬尾神経症候群が問題なければ、
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などによる痛み、しびれはまず筋肉・筋膜由来のものになります。

それはどういうことか

この話をここで、紹介するには長くなってしまうので、
私が以前からWEB上にて勉強させていただいているサイトをご覧になってください。
もし腰痛で手術が必要と言われている方は、まずこのサイトを見てから考えてみてはいかがでしょうか。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/
[PR]
by daichi_net | 2009-02-19 14:06 | 痛みについて