ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:臨床雑記 頸の痛み( 1 )

stretch

普段土曜日にkarada+に加圧に来ていただいている会員さんが、
首の痛みがあるということで会社帰りに接骨院にいらっしゃいました。

症状  左僧帽筋、肩甲挙筋。動作痛は全体的に怖くてしっかり動かせない。
     特に左回旋、側屈により痛みは強い。痺れ、MMTはNP

まずは骨盤以上の関節の可動を調整。
その後に末梢経穴、心包・三焦経でとると左回旋・側屈の痛みは消失、緑テープ。
改めて動作痛を確認すると、若干右への前屈にて肩甲挙筋に残存していたので、小腸経の兪穴にアプローチし赤テープ、最後に症状部位に黄テープを張って終了しました。

この症状の場合は、以下のストレッチが有効です。
d0083464_11165914.jpg

d0083464_11171493.jpg

d0083464_11173638.jpg

d0083464_11174833.jpg

d0083464_111827.jpg

すべて左側を行うといいでしょう。
なお、足の経穴(つぼ)でも反応がありましたので脚も合わせて行うと効果的ですね。
ストレッチしながら、伸ばしているところを押したり、もんだり、さすったりするとなお効果的。
上記のストレッチを行った後に、
症状部位のストレッチをして最後に肩をグルグルと数回まわしてください。
これである程度の症状が改善します。
自宅などで一日に数回行うといいでしょう。

接骨院では、どうしてもたまにしか通えない方には、ストレッチメニューをお渡ししています。
その方にあったオーダーメイドなメニューになります。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-23 08:26 | 臨床雑記 頸の痛み