ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ボクシング( 21 )

亀田家問題について

d0083464_13144870.jpg


先日の世界タイトルマッチ後、写真のようにスポーツ新聞をにぎわせている亀田家問題ですが、面白いくらいにマスコミが手のひら返したような批判の記事が多いと多いこと、なんかうんざりです。
今回の大毅選手の反則、暴言についてはなんとフォローのしようもないのですが、彼が信じてやってきたことをあのリングで出し切っただけのこと、ということだと思います。

私はいつも思うのですが、

選手は「生物(なまのも)」です。

そのときそのときが旬なものなのです。
その旬なときを生かすも殺すも、その周りにいる人間が与える影響というものが大きなウエイトをしめています。
大毅選手はただ教えられたことを出していった、ただ一生懸命に今まで培ってきたことを出して行った、なんか今回の騒動は、仕方がないとはいえ不憫にも思われてならないのは私だけでしょうか。

私は亀田家のあの口の悪さは、
日本人的でないだけであって、注目を浴びるために、プロとして必要なことと思っています。
ただ、礼儀というものがあってこそなので、そこがもったいないのですが・・・
プロとしてのアピールは非常に必要なこと、
マスコミはそれ面白おかしくメディアで取り上げますね。

・・・そして手のひらを返す。

大毅選手の精神的なダメージは大きいようで、時間はかかりそうですが、
また旬な時を取り戻して、
再びあの憎たらしい口を聞きたいものですね。
いまさら優等生になられても面白くないし(笑)
[PR]
by daichi_net | 2007-10-18 13:40 | ボクシング

内藤大助VS亀田大毅

先日、注目の亀田家んも次男の大毅選手の世界タイトルマッチがありました。

結果は周知の通り、内藤選手の勝利に終わりました。
ボクシングの記事がスポーツ紙の一面を飾るなんてよっぽどのこと、
いちボクシングファンにとってとっても有意義なものになったと思います。

ただその試合の内容といったら、世界タイトルマッチとはお世辞にもいえないというのが、世の中の評価のようです。

試合前日の共同記者会見も良くない、

試合は反則だらけ、

まーまだ18歳、若いから、若気のいたりもまだ許せる(もちろん許せないというのが大多数とは思いますが・・・)、

最後には戦ったチャンピオンに対してなにもないし、

応援してくれた観客にも何もなし・・・   

戦い終わった後、最後くらい、

「今までは失礼しました」でも、
「ありがとうございました」でも

頭を下げるのが、お互いにがんばってきたもの同士のマナーというか常識なのですが、
非常に残念でした。

亀田選手の実力は如何に、というのが今回のタイトルマッチであり、初の日本人対決だったので、注目される中、プレッシャーは相当あったと思いますが、
で、終わって、結局こんなものか彼の実力は、・・・終わった後に礼儀を正せば、ただこれだけで終わったところなのですが、今回それだけでは終わらなくなってしまいましたね。

ボクシングだけ教えて、世の中で生きていくための、礼儀なり常識なりを、教えてこなかった父親にすべての責任がある様な気がしてなりません。

選手はがんばった、がんばりましたが残念な結果しか残らなかった、今回世間からはたたかれましたが、まず本人が何かを感じていればと思います。

またこれをバネにしてまた表舞台にのし上がってきてもらいたいものですね。
・・・いばらの道とは思いますが、期待しています。
[PR]
by daichi_net | 2007-10-13 10:11 | ボクシング

キッズボクシング

d0083464_109792.jpg
昨日、東京後楽園ホールでプロの試合の合間に、平成生まれのキッズボクシングが行われました。



下は10歳から上は17歳までで、ボクシングジムの練習生8人が出場しました。

d0083464_1091968.jpg
小学4年生同士のスパーリング(写真)は、
グローブが大きくてかわいらしい感じ、素人ならば大人でも、そのグローブをつけてパンチを出し続けるのも大変なのですが、
パンチをバンバン出しシャープなボクシングを披露してくれました。

中学3年生と高校3年生の対戦では、プロ顔負けのパンチの応酬で会場を沸かせました。

今回出場した8人、将来のチャンピオン候補ですね。彼らの今後に期待し見守っていきたいです。
[PR]
by daichi_net | 2007-07-25 10:10 | ボクシング

試合報告

d0083464_17134157.jpg


昨日ボクシングの試合に行ってきました。
上のは丸山有二選手の勝ち名乗りです。

丸山選手は身長177cmを背が高いのですが、
階級はバンタム級(53.5kg)なのです。
この階級では抜群の長身です。
・・・が、野口ジムに移籍してくる前までは、
1勝5敗という戦績。

昨日の試合で初のKO勝ちで、
移籍後4連勝でB級トーナメント準決勝進出です。

この丸山選手、いわゆるイケメンです。
このまま勝ち進んだら人気出るんだろうなー

今の勢いでB級トーナメントを制覇、期待しています!
[PR]
by daichi_net | 2007-05-09 17:26 | ボクシング
昨日は後楽園ホールにボクシングの試合を見に行きました。
野口ジムからは
中村健太選手、吉川雄毅選手、山中司選手が出場しました。

d0083464_14122745.jpg
これは選手控え室です。
手前右が吉川選手、
手前左が山中選手です。








d0083464_14124478.jpg
吉川選手の勝ち名乗り。
不用意に殴られることもありましたが、
確実な成長を見せ、
判定勝ちしました。
KOも期待できたのですが、
それは次回への課題ですね。


d0083464_14155730.jpg
山中選手は元がちんこファイトクラブの3期生。
前回判定負けした相手とのリベンジ戦。
試合前もしきりに「怖いです」を連発してました。
TVにでて注目を集めながら、デビュー戦で敗北。
様々な期待もTV的には冷めましたが、
彼の人柄でしょうか、彼を知る人からは相変わらずの期待。
「怖い」「逃げたい」
そんな気持ちも分かるほどの周りの期待を、私は近くにいて感じました。

1R
ゴングがなり果敢に前進。
相手の宇都宮選手は四国からの遠征。
いわゆるアウェー。
先制攻撃で山中ペースを握る。

2R
山中勢いそのままに圧力かける。
打ち合いの中、山中アッパーを出した瞬間
宇都宮選手のカウンターを浴び
ダウン。
あきらかに効いている。
何とかしのぐ。

3R
偶然のバッティングで山中まぶたカット。
山中、気持ちを切らず前進。
差はわずかながらも、山中優勢。
ペース渡さず。

4R
4Rまでは採点はドローか
このラウンドをとった方が判定になれば勝ち。
山中前進。宇都宮打ち返す。
後楽園ホールを沸かした試合も
ゴングが鳴り判定へ

2-0
の判定で山中選手が勝ちました。

この試合、山中選手もそうですが、
相手の宇都宮選手は初の遠征、初のボクシングの殿堂後楽園ホールでの試合、アウェーの上、相手は注目を浴びている選手とあってプレッシャーは相当なもの。
そのプレッシャーの中よく打ち合いいい試合をしました。近い将来6回戦には間違いなくあがるでしょう。宇都宮選手の今後にも期待したいものです。

山中選手は最後まで気持ちを切らず、前進し続けたのがいい結果へと繋がりました。
両選手の検討をたたえます。

中村選手は残念ながら判定負けでした。
d0083464_14192957.jpg



これはおまけ→






やはりがんばっている人間を見ているのは、いいものですね。
また心のこもった試合を期待しています。
[PR]
by daichi_net | 2007-04-11 15:02 | ボクシング
d0083464_9331120.jpg
中村健太選手(23歳)

東京都出身
戦績 1勝1敗
右ボクサーファイター

気の弱さもあり
デビュー戦でKO負けも
2戦目で勝ち上がり
自信をつけた中村選手。

表情からは一見派手さはないももの、
試合となると好戦的に打ち合います。
見ている方は
・・・怖いですねー(笑)

ハラハラしますが、楽しみにしています。
[PR]
by daichi_net | 2007-03-16 09:03 | ボクシング
d0083464_10425042.jpg
吉川雄毅選手(22歳)

青森県出身
戦績 1勝1敗
左ボクサータイプ

とにかくまじめです。
こつこつ積み上げていくタイプなのでしょうか、
練習では結構パンチがあるので
派手さはないけど
大化けするかもしれませんね。

語弊があるかもしれませんが、
青森出身というのもあってか、とにかく謙虚。
今回抱負は?とたずねたところ
「はっきりとした形で勝ちたい!」とのこと
もっとプロ意識を持って、うそでもKOで勝ちます!と
いってくれるにはもう少しかかりますかね(笑)
[PR]
by daichi_net | 2007-03-15 10:43 | ボクシング

選手紹介その1 山中司

d0083464_1321693.jpg
山中 司選手(27歳)

徳島県出身
戦績 2勝2敗
右利きファイター(オーソドックススタイル)

山中選手はかつてTBSでやっていた
「がちんこファイトクラブ」の
3期生です。

野口ジムに移籍してから
2勝1敗ですが、
その1敗した選手との
リマッチ戦となります。
本人の話によると地元ひいきの判定だったようで、今回どんな戦いをしてくれるのだか
楽しみですね。

ただ、この山中、本人いわく「わしは入場までなんですよ、がんばれるのは。試合になってしまうとビビッてしまうんです」とのこと。

KOでリベンジしてもらいたいですね。
[PR]
by daichi_net | 2007-03-14 13:18 | ボクシング

4/10の試合

d0083464_9295788.jpg

うちの接骨院に治療にきている3選手が、
4/10の火曜日に試合を行います。
ちょうど休みの日なので、応援に行ってきます。

生のボクシング、結構な迫力です!一度見てみる価値ありです。
ボクシングの試合、興味ある方いませんか?
4/10の試合に興味のある方は下記までメールをください。

unchika_net2005@yahoo.co.jp
[PR]
by daichi_net | 2007-03-14 09:30 | ボクシング

挑戦状!

今日暇だったので、「馬場大輔 ボクシング」でyahooにて検索してみました。
そしたらこんなものがありました。


<1999年8月号>№513号より

☆挑戦状提出
・日本ライト級チャンピオン、リック・吉村選手(石川)に対して、同級10位、
馬場大輔選手(野口)より(5月6日付)



だそうです。
へー・・・僕は挑戦状なんて出していたんですね、自分で見てびっくりです。

確かに当時チャンピオンだったリック吉村から、試合のオファーがあったのは確かなのですが、そのリックはお強かったので(ちなみに日本タイトルを19度くらい防衛しました)、もう少しキャリアを積んでからなんて思っていたような気がします。
結局、チャンピオンに挑戦することなく引退したのですが、当時を懐かしく感じますね。
[PR]
by daichi_net | 2007-02-15 18:57 | ボクシング