ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:karada+(からだぷらす)( 19 )

ジョギングセミナー

d0083464_9403189.jpg

昨日5/31、足立区の生涯学習センターにて、
ジョギングインストラクターで普段よりパーソナルトレーナーとして活動しております、
山口敬志先生をお招きまして、ジョギングセミナーを行いました。
d0083464_108353.jpg

d0083464_10123048.jpg

d0083464_1084577.jpg

思いのほか天気もいい時間でしたので、荒川土手に移動して実際に身体を動かしながら学びました。

身体のいろいろな場所を意識しながら、様々な形で走ったり、歩いたり。
楽しく汗がかけました。

たくさんの走るヒントをいただいたので、これからいろいろと試しながら走りたいと思います。




で、今日早速教わったことを意識しながら、走ってみました。

・・・おっと、

普段走っているときよりも、足が張らない。
いつもは、左のふくらはぎが張ってしまうのですが、それが明らかに軽減。
自然に身体が前に進む感覚を実感しながら、気持ちよく疾走しました。

明らかに前への推進力が向上しました。
今日は特にお尻を意識しながら行いましたが、またいろいろと教わったことを試しながら
秋に向けてがんばってきます。

そうそう、今回は走られる方が多かったこのもあり、秋の第38回タートルマラソン(10/18)で再会を誓いました。もしかしたら20人、いや30人規模になるかも。
また楽しみが増えました♪
[PR]
by daichi_net | 2009-06-01 10:00 | karada+(からだぷらす)
今日は風が強いですね。
なんだか生暖かく、雨の予感がします。

karada+でのセミナーの案内です。

走り方って習った覚え、あまりないですよね。
最近はマラソンブームとなり、いたるところで走っている方を見かけるようになりました。

運動をする習慣をつけることは非常に大事ですね。
ただ、健康的に行うには、ただ走るということだけでは、逆に身体を壊してしまうこともあるかと思います。

走るとすぐに疲れたり、効率的なジョギングを身につけたい方は、
効率的な走り方っていうものを習ってから行ってみるのもいいのではないでしょうか。
私も手伝いがてら参加します。


ジョギングセミナー
5/31(日) 9:30~11:30   足立区生涯学習センター5F研修室1

●受講料      2,650円
●定 員      30名
●講 師      山口 敬志 氏
           健康運動指導士(メタボやダイエットプログラム)
           フィットネスモチベーター(行動変容を変える)
           関節マニュアルアプローチマスター(身体の動きを効率よくする)
           JCCAアドバンストレーナー(姿勢を改善する)

●受講対象    効率的なジョギングを身につけたい方
           走るとすぐに疲れる方
           クライアント様などに効果的なジョギングの案内をしたい方

●内 容      効率的な歩き方、走り方のためのストレッチやドリル
●準 備      運動できる服装、外用ランニングシューズ、タオル をご用意下さい。


申し込みはこちらにて承ります → mail@karada-plus.com
[PR]
by daichi_net | 2009-05-22 15:38 | karada+(からだぷらす)

講習会報告

昨日はkarada+にて
PHIピラティスマスタートレーナーの小林俊夫氏をお招きしまして下記セミナーを行いました。

・PHIピラティスによる姿勢に合わせた運動処方体験編
d0083464_913772.jpg

・PHIピラティス×ストレッチポールによるアライメント調整法
d0083464_914760.jpg


ピラティスの体験では、
肩こりを対象とした簡単な姿勢改善のメニューでした。
私はいつも姿勢が悪い!と姿勢関係のセミナーでは言われ続けています。
もちろん今回もいわれました。
こうも悪い悪いといわれ続けると、なんだか気持ち悪いですね。

ピラティス終了後は、背中がしゃんとして暖かくなった感じでしたね。
短い簡単なメニューでしたので、完全ではありませんが、明らかに変化があったようです。

ピラティス×ストレッチポールでは、
ストレッチポールを使って関節、筋肉をゆるめて、そしてピラティスをしていくというもので、自分の体の変化がより手に取るように分かりました。
恐るべしポール。
使い方一つでいろいろとバリエーションがあるものですね。

大変学びの多い一日となりました。
なお、小林先生のピラティスを絡めたセミナーは6/21にも行います。
次回は新たな内容とのことで、非常に楽しみです♪
近々HPにてアップいたします。
こうご期待で。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-11 09:01 | karada+(からだぷらす)

セミナー報告

先日の日曜日に、karada+では3本立てのセミナーを実施しました。

1.JCCA認定ベーシックインストラクター(BIR)セミナー
2.腰痛予防のための機能解剖とPOE理論
3.POE理論による腰痛予防エクササイズ


1のBIRセミナーでは、講師の谷先生のお手伝いとして参加しました。
BIRは、コアコンディショニング協会(以下JCCA)の入り口をいった資格となります。
JCCAの活動理念として

”世界に向けた健康革命”

があります。
そしてそのトレーナーが持つべき価値観として、

”セルフコンディショニングの意義と知識を普及させるための健康教育です。このミッションを達成する為に目の前のクライアントの体感を導き感動の共有を目指します”

”セルフコンディショニングを普及させる健康教育”ですね。
ストレッチポールの何よりもいいところは、自分でコンディショニングを整えられるということです。
ポールに乗ることによって、各関節の緊張がとれ、可動域が改善します。
そして、真ん中に乗っているという感覚を整えてくれます。
言い方を変えると”軸”という感覚を身につけることができます。
運動にせよ、日常生活にせよ、”軸”があることによって同じ動作でも”質”がかわります。
効率良く動くことができますね。

私は”自立”するということのお手伝いをしたい、そう思っています。
このJCCAの考えに共感し少しでも役に立てればと思います。

日曜日のセミナーでは様々なフィールドの方が集まりました。
学びの場として、そしてそのお手伝いとして、楽しい時間を過ごしました。

参加された方々おつかれ様でした。


2、3につきましてはまた後で報告します。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-01 09:01 | karada+(からだぷらす)

3/1講習会報告

d0083464_121857.jpg

昨日karada+(カラダプラス)では、I.c.s代表 石井完厚をお招きいたしまして、
「姿勢分析(グローバルな変位の評価)」
「スタビライゼーションテクニック」
の講習会を実施いたしました。


「姿勢分析(グローバルな変位の評価)」では
身体を「頭部」・「胸部」・「骨盤部」・「足部」にわけて、立位時における相互関係から、
緊張・短縮筋、弛緩・弱化筋を評価していく方法を、
またその過程で身体の歪みの原因が「胸部」にあるのか、「骨盤部」にあるのか、それとも「足部」にあるのかの見分け方を、座位・仰臥位との比較を通して予測を立てる方法を学びました。
d0083464_15334.jpg

d0083464_16299.jpg

               モデルを介してみんなでチェック。



「スタビライゼーションテクニック」では
スタビライゼーションとはコアを正しく使い、体幹を安定させるエクササイズです。
体幹の安定に必要なコアの知識と各部位のポジショニングなど、現場において知っておかねばならないポイントを実技を通して学び、しっかりと腹横筋、多裂筋等のインナーユニットを効かせながら行うテクニックを学びました。
d0083464_19114.jpg

d0083464_17493.jpg

               触診の説明と、実技。




施設には20人の人が集まり大賑わい、実りある講習となりました。
参加された皆様ありがとうございました。
今後も皆様の興味ある内容を提供していきたいと思います。


講習終了後には毎度のことですが、参加された方と懇親会(飲み会)を行いました。
トレーナー(ピラティス、ジョーバトレーナー、パーソナルトレーナーなど)や柔道整復師の方らと、講習について、今後について、そして各々の得意分野での意見・情報交換、熱いトークで盛り上がりました。
密度の濃く充実した一日となりました♪
[PR]
by daichi_net | 2009-03-02 08:26 | karada+(からだぷらす)
karada+セミナー
d0083464_7513157.jpg

ライフセービングの講習の後は、karada+に戻りました。

karada+では、
関本登志昭氏(SCRフィジカルソリューション代表)によるセミナー、
「POE理論による腰痛予防改善法」「POE理論による肩こり予防改善法」が行われました
d0083464_7514227.jpg
ライフセービングの講習が早く終わったのもあり、
私は一時間だけ講習に参加しました。

今回の講習、
あのkarada+施設のスペースに
なんと20人の勉強熱心な方が集まり、
新潟(奥さん懇親会まで参加ありがとうございました)、
長野からと遠くから参加の方もいらっしゃいました。                           

私は関本先生の講習は何度も聞いているので、耳にスムーズに入ってきましたが
始めの方は頭の中がこんがらがっている方もいらっしゃいましたね。

今回の内容は、しっかりと理解すると、非常に有効なトレーニングになりますし、少しの工夫で治療にも生かせます。私も時間はかかりましたが現場で使っています。

今後も関本先生の講習は行います。
よろしくお願いします。                                             
d0083464_7515123.jpg

おまけ
karada+スタッフの小松先生(接骨院勤務がメイン)と
この施設でトレーニング補助をしている丸山トレーナーです。
小松先生は元剣道選手で柔道好きで、現在ほねつぎの勉強をしています。
丸山トレーナーは現役のプロボクサーです。
彼のボクシングに集中できる環境と、
ボクシングにおいてトレーニングに接することで少しでもプラスになればと思い、スカウトしました。
4月に試合の予定です。皆様よろしくお願いいたします。
[PR]
by daichi_net | 2009-01-26 23:49 | karada+(からだぷらす)

セミナー案内

おはようございます。

今週末1/25に当施設にて行われます、
関本登志昭氏(SCRフィジカルソリューション代表)によるセミナー、
「POE理論による腰痛予防改善法」「POE理論による肩こり予防改善法」
定員に達しましたので締め切らせていただきます。
ありがとうございます。



3/1のセミナーを案内いたします。

トレーナー、治療家向けのスキルアップ講習会。
姿勢改善のプロフェッショナルが、
クライアントにアプローチする時に見るべきポイントを紹介します。


第1部「姿勢分析」~グローバルな変位の評価~
身体を「頭部」・「胸部」・「骨盤部」・「足部」にわけて、立位時における相互関係から、緊張・短縮筋、弛緩・弱化筋を評価していく方法を勉強します。(グローバルな変位の分析)またその過程で身体の歪みの原因が「胸部」にあるのか、「骨盤部」にあるのか、それとも「足部」にあるのかの見分け方を、座位・仰臥位との比較を通して予測を立てる方法を学びます。

◆日時:3/1(日)13:00~16:00
◆受講料:6300円(スタビライゼーションと合わせて受講は10500円)
◆定員:15名
◆講師:I.C.S代表 石井完厚(JCCAマスター講師)


第2部「スタビライゼーションテクニック」
コアを正しく使い、体幹を安定させるエクササイズを学びます。
体幹の安定に必要なコアの知識と各部位のポジショニングなど、現場において知っておかねばならないポイントを実技を通して覚えていきます。

◆日時:3/1(日)16:00~18:00
◆受講料:6300円(姿勢分析と合わせて受講は10500円)
◆定員;15名
◆講師:I.C.S代表 石井完厚(JCCAマスター講師)


■お問い合わせ :Karada+(カラダプラス) 担当(谷)
e-mail :tani@karada-plus.com

現在、ほぼ満杯に近い状態ですのでお早めに申し込みください。
[PR]
by daichi_net | 2009-01-23 08:21 | karada+(からだぷらす)

千葉マリンマラソン

d0083464_2413931.jpg

[PR]
by daichi_net | 2009-01-21 02:41 | karada+(からだぷらす)

みんなでボクシング

d0083464_17165867.jpg

私がボクシングでお世話になった野口ボクシングジムにて
体験ボクシングを企画しました。
d0083464_1722642.jpg

d0083464_17222324.jpg

d0083464_17225379.jpg

d0083464_17231340.jpg

d0083464_1724127.jpg

d0083464_17242416.jpg

d0083464_17245198.jpg

d0083464_1728591.jpg

d0083464_17291615.jpg

おつかれさまでした。

また近いうちに企画したいと思います。
[PR]
by daichi_net | 2008-12-22 17:29 | karada+(からだぷらす)
d0083464_1445428.jpg

昨日、SCRフィジカルソリューション代表である関本氏を
karada+に招聘して、特別ワークショップを行いました。

内容は「部位誘導エクササイズの実際」、「DSストレッチ」。

日常生活動作やスポーツ動作は、
すべて対角螺旋的な運動Diagonal Spiral Line Movementで構成されている
という観点から、ストレッチや簡単なエクササイズによって、
骨盤変位の改善や関節動作の改善・向上などのアプローチ法など
盛りたくさんな講習となりました。

d0083464_14161779.jpg

これはにょろにょろしてますが、
骨盤前傾位では身体をそることがしずらい、ということを皆で体感しているところです。

腰が反っている人は、
立っていての前かがみは深くできますが、
逆に腰を反る動作は非常に苦手になります。
当然腰への負担がおおくなりますね。

d0083464_14213263.jpg

これは骨盤、胸郭を分離してトレーニングをしています。
胸を突き出した状態を維持しながら、骨盤の後傾運動(ペルビックチルト)としています。
下部腹筋のトレーニングです。
身体を連動させて行ったほうが機能的ではありますが、
あえて分離して行うことによって、よりその機能を向上させることができます。


教わったメカニズムを頭を整理するのが大変でしたが、
現場で即使えるテクニックな上、楽しくかつ面白い講習になりました。

今回関本先生は講習後他の用事があったようで残念でしたが、
毎度のごとくですが、今回も懇親会と称した飲み会を行いました。
私のような医療従事者や野球のトレーナー、フィットネストレーナーなど
また違ったフィールドで活躍されている方とのこういった交流は、
非常に刺激になりました。

昨日は朝から盛りたくさんでしたが、楽しい一日となりました。
[PR]
by daichi_net | 2008-11-10 14:43 | karada+(からだぷらす)