ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー

<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ふらふらのんびり

昨日は接骨院はお休みでした。
午前中に1件加圧トレーニングの予約があったので、まずは北千住へ。
トレーニングが終わり、せっかくの千住なので丸井へ。
まずはサプリメントショップへ。
なかなかいい説明をしていただいたので、購入しました。
これにつきましては、また改めてお話しますね。
そして本屋へ。
たまには仕事以外の本でも読んでみようかなとこんな本を買ってみました。
d0083464_10462963.jpg











丸井を出て、ぶらぶら。
久々に時間に余裕のある散歩をしてみると、
いろいろな発見があるものです。
千住には古くからのお店が多く、だんご屋、飴屋、煎餅屋と
昔なじみのお店が目に付きました。
いそがしくしていると気がつかないものが、
心に余裕、ゆとりがあると、きがつくものがたくさんあります。
たまにはこんな時間も必要ですよね。
そして外で本でも読もうと荒川土手に向かいました。
d0083464_10535993.jpg
暖かい日にはこんなところで昼寝もいいものですね。
少し買ったばかりの本を読み、
しばらくすると風も出てきて寒くなってきたので、
帰りました。
夜は久々銭湯に行き、サウナにはいりました。

babaのこんな休日でした。
[PR]
by daichi_net | 2007-02-28 12:25 | 日々つれづれbabaの日記

千駄木の施設

いやはや、今年に入ってから始まったkarada+(からだプラス)の業務も、
予想以上の利用数の伸びに、ひとまず胸をなでおろす想いです。
おかげさまで、
4月までの目標としていた数字はクリアできそうな勢いです。

うちの近隣の加圧施設として、竹ノ塚、上野、千駄木があります。
それぞれ電車で10分程度の距離になりますが、
最近の加圧施設の増加からすると
ほどよく距離が離れているような感じですね。

さて、karada+を利用される方に
「うち以外でどちらに問い合わせましたか?」の問いに、
よく言われるのは千駄木の施設で、
「現在新規は受け付けてい、と言われた」とのこと。
そこでここのところよく千駄木と聞くので、私も気になり調べてみました。



・・・


なんと

びっくりです!

千駄木の施設のインストラクターは、
なんと私の所属していたボクシングジムの同期だったのです。

同期も同期で、

同じトレーナーにつきそのトレーナーと一緒にジムを移籍、
ちなみに日本のボクシング界ではジムの移籍はあまり行われずらいです(・・・時と場合によりお金が絡むんですね)。
かれこれ15年前の話になります。
プロデビュー前にアマチュアの試合に共に出て、共に汗を流していました。
ものすごく懐かしく感じますね。

彼とは2年前に電話で話して以来ですね。

久々連絡してみようかな。
[PR]
by daichi_net | 2007-02-26 10:48 | 日々つれづれbabaの日記
先日久々に以前お話した、ヘルニアのボクサーがきました。

ペインスケール⑤・・・これは最も痛いのが⑩で、痛みなしが0の中で現在の痛みの点数を数字で表したものです。

SLRは40度くらいまで可能、FNSにての痛みはなし
神経症状は日常生活においてなし

今日は朝から痛かったとのことだが、ペインスケールは↓
しています。

スクワットは怖いとのことなので、上半身中心で行いました。
基本3点、を若干負荷を+
腕立て伏せ
ジャブとストレートのみをチューブにて負荷をかけ、ダッキングとあわせて行いました。
シーテッドチューブロウ
腹筋

メニューは以上です。
ヘルニアにおいて加圧が有効かということではなく、痛みしびれに対して、それを感じることなく筋力を維持できれば、という狙いです。モチベーションを維持して復帰できればと思います。
また報告します。
[PR]
by daichi_net | 2007-02-23 20:46 | 加圧トレーニング記事

共役リノール酸

共役リノール酸とは
リノール酸の異性体で共役ジエン構造を有するものの総称です。
・・・といっても分かりませんよね。

これは体脂肪を燃焼させる効果とともに
筋肉を増加させる効果もあるといわれて注目されているものです。

他にも、動脈硬化を抑制し、骨の強化、糖尿病の改善、
抗ガン作用があるとの報告もあります。

共役リノール酸の脂肪減少の効果は1997年にマウス実験で明らかにされ、
4-5週間の投与の結果、マウスの体脂肪が
40-50%減るという、報告がありました。

しかし、人体でも体脂肪を減少させる作用のあるこの共役リノール酸の人体での治験は、
最近ほとんど見当たらなくなったようです。
それは、下記のようなCLAの持つ副作用が、
次第に明らかになってきたことによると思われます。

○共役リノール酸は肝臓内においては脂肪の合成を亢進させ、
 脂肪肝を引き起こす可能性がある。

○レプチンやアディポネクチンの合成および分泌を阻害し、
 結果としてインスリンが働き難くなる。

○コレステロールや中性脂肪を減少させるにもかかわらず、
 共役リノール酸投与群は動脈の硬化物質を増加させている。

以上のような、脂肪を燃焼させ、筋肉を増加させる作用がある反面
副作用の可能性をあわせ持つ、もちろん可能性なのですが
いろいろ調べていると、何がいいのか本当に分からなくなりますね。
ただ実際、店頭で売られているので問題はないのでしょうが。
[PR]
by daichi_net | 2007-02-22 17:19 | カラダの話
昨日はあの寒空の中東京マラソンが開催されました。
テレビを見ていると楽しく走れそうな気がしませんでしたか?
いやー、フルマラソン、走りたくなりましたね!
私もがんばろっと


先日椎間板ヘルニアの加圧トレーニングの話をしましたが、
インフルエンザにかかってしまったようで、只今お休み中です。
今のところ3回行いましたが、悪くはないかなと感触もありましたので、
ま、ゆるりとやっていければです。

17、18日の加圧トレーニング学会へ行ってきました。
様々な研究が進められているようで、
しっかり参加して情報というものをを獲得しなければ、
置いてけぼりになってしまうと痛感です。
ただ加圧を指導しているだけではいかんです。
そのトレーニングひとつにしても、
やり方ひとつで効果のでかたが違うものなのですから。
早速、フィードバッグしていきたいですね。
[PR]
by daichi_net | 2007-02-19 09:35 | 日々つれづれbabaの日記
明日明後日と、加圧トレーニング学会に出席してきます。
以下がプログラムになります。


第3回日本加圧トレーニング学会総会

【会期】        2007年2月17日(土)・18日(日)
【会場】        東京大学 本郷キャンパス 
             医学部教育研究棟14階 鉄門記念講堂
【大会長】       中島敏明(東京大学医学系研究科助教授)
【大会事務局長】  森田敏宏(東京大学医学部循環器内科)
【テーマ】       加圧トレーニング:スポーツ~臨床~宇宙まで

【大会日程・プログラム】 2007年2月17日(土) 
10:00~11:30 理事会

12:00~      受付

13:00~13:30 基調講演『加圧トレーニングの過去と未来』
            佐藤義昭(東京大学医学部)

13:30~14:10 特別講演1『加圧ウオーキング:その効果と可能性』
            安部 孝(東京大学新領域創成科学研究科)

14:20~15:00 特別講演2『加圧トレーニング応用の可能性について』
            森谷敏夫(京都大学人間・環境学研究科)

15:15~17:00 公開シンポジウム『宇宙まできた加圧トレーニング』
            司会 森田敏宏(東京大学医学部)

            『これまでの歩み』
            佐藤義昭(東京大学医学部)

            『宇宙で使用する加圧トレーニング装置の開発』
            山崎由久(有人宇宙システム)

            『加圧トレーニングにおける内分泌活性化の
            メカニズム』
            石井直方(東京大学総合文化研究科)

            『宇宙飛行士の健康管理と運動プログラム』
            大島 博(宇宙航空研究開発機構)

            『加圧トレーニングの宇宙への応用:
            立位刺激が与えられる加圧トレーニング』
            中島敏明(東京大学医学系研究科)

17:00~19:00  懇親会


2007年2月18日(日)

9:00~       受付

9:30~11:30   一般研究発表

12:30~13:10  総会

13:20~14:30  ミニ・シンポジウム『加圧トレーニングのスポーツ
             ならびに健常者への応用』
             司会:安部 孝(東京大学新領域創成科学研究科) 

            『スポーツパフォーマンス向上のための
            加圧トレーニング』
            栗田興司(コンディショニングクラブPCP)

            『加圧トレーニングのスポーツならびに
            健常者への応用』
            長谷川慶造(健康プラザスキップ)

            『加圧トレーニングの安全性』
            高野治人(東京大学医学部)

14:40~16:00  ミニ・シンポジウム『加圧トレーニングの臨床応用』
            司会:加藤義治(東京女子医科大学整形外科)
                中島敏明(東京大学医学系研究科)

            『骨代謝に対する加圧トレーニングの効果』
            楠原慶子(東京大学新領域創成科学研究科)

            『整形外科疾患に対する加圧トレーニングの効果』
            加藤義治(東京女子医科大学整形外科)

            『心臓リハビリテーションへの応用』
            森田敏宏(東京大学医学部)

            『担がん患者に対する加圧トレーニング』
            今井一彰(みらいクリニック)

16:05~16:20 『ビデオレター』 水道橋博士

16:20        閉会



以上になります。
加圧トレーニングはまだまだ様々な可能性があり、
大学、医療機関等でも研究をすすめています。
今回で3回目となる学会ですが、どんな話が聞けるのか興味心身です。
気合を入れていってきます!

karada+(からだぷらす)を利用していただいている方には、
大変申し訳ありませんが、
17,18日の加圧トレーニングの予約は18:00~ となります。
17日、土曜日の予約は締め切らせていただきます。
18日、日曜日は21:00~でよろしければ予約を受け付けています。

今回の加圧トレーニング学会での内容報告は、
会員様に定期的に送付しております、メールマガジンにて報告していきたいと思います。
[PR]
by daichi_net | 2007-02-16 16:25 | 加圧トレーニング記事

挑戦状!

今日暇だったので、「馬場大輔 ボクシング」でyahooにて検索してみました。
そしたらこんなものがありました。


<1999年8月号>№513号より

☆挑戦状提出
・日本ライト級チャンピオン、リック・吉村選手(石川)に対して、同級10位、
馬場大輔選手(野口)より(5月6日付)



だそうです。
へー・・・僕は挑戦状なんて出していたんですね、自分で見てびっくりです。

確かに当時チャンピオンだったリック吉村から、試合のオファーがあったのは確かなのですが、そのリックはお強かったので(ちなみに日本タイトルを19度くらい防衛しました)、もう少しキャリアを積んでからなんて思っていたような気がします。
結局、チャンピオンに挑戦することなく引退したのですが、当時を懐かしく感じますね。
[PR]
by daichi_net | 2007-02-15 18:57 | ボクシング

ゼナドリン

ゼナドリンはアメリカで売上No.1を誇り、
世界約60カ国以上で販売されている燃焼系ダイエットサプリメントです。
基礎代謝に働きかけ脂肪の燃焼をサポート、
きちんと3食摂りながらでもダイエットができるとのことです。

ただ痩せるだけではなく、メリハリのある引き締まった体作りをサポートし、
ゼナドリンに配合された有効成分である『サーモジェニックハーブ』が
脂肪分だけを燃焼し、
神経に働きかけ食欲を抑える働きがあります。
100%天然成分で出来ているサプリメントであり、
リバウンドの起こりにくいダイエットサプリメントです。
またエネルギーを増加させると臨床的に証明された
有力な熱発生合成物の革命的なブレンドによって、
体の代謝率を高め、体重と脂肪を劇的に減少させることを
サポートするというものです。


ただ、元ドジャースのキャッチャーで大リーグのスター、
マイク・ピアッザ捕手が自身のゼナドリンの使用について認めた上で
「今後は使用しない」と述べています。
大リーグ選手の練習中の死亡がゼナドリンの使用による
という検死結果を受けてのものです。

現在、日本で売られているものに関しては問題ないとのことですが、
以前のゼナドリンは、エフェドリンを主な成分とする
減量薬ということで問題だったようです。

そのエフェドリンは代謝を高め、
体重を運動や食事制限などをせずに減らすことが可能です。
これの副作用として食欲不振などの胃腸障害があり、
この作用を使ってダイエットを成功させるということなのです。
エフェドリンには心臓の冠血管の収縮作用があり、
心臓の負担を増やすので、ダイエットに使用して狭心症や心筋梗塞などの人が
死亡する例もかなりの数報告されています。

効果はあるので、人気のある商品なのですが、使用するのであれば、
危険性を正確に知る必要があります。
ただ1998年、ゼナドリンの新しいダイエットサプリメントの発売によって
新たに歴史を築きました。
それには前記した、エフェドリンは使用されていません。

ただ、何事もそうなのですが、
医薬品として認められていない製品で、
絶大な効果のあるものとうたわれているものには、
気をつけたほうがいいですね。
医学的に効果、安全が、証明されていないわけですから
とり続けることで10年後、20年後に
副作用がでることもあるかもしれません。
[PR]
by daichi_net | 2007-02-14 17:49 | カラダの話
ダイエットする上でも、健康維持のためにも、
いいサプリメントはないものかと探し、
さまざまな書物を読んでみました。

その中で気になったもの、キーワードは以下のものです。

グルタミン
プロバイオティクス
共役リノール酸
ファイトケミカル
クエン酸
ペプチド
ゼナドリン

サプリメントとは、日本では栄養補助食品、健康補助食品といいます。
日常生活で不足しがちなビタミン、ミネラルなどの栄養素を「補助」するものです。

一つ一つの効果についてまた説明していきますね。
[PR]
by daichi_net | 2007-02-14 17:01 | カラダの話

銀座

d0083464_16201747.jpg
昨日は、銀座に行ってきました。
                 
        

このエレベーター、     

ものすごくローカルでびっくりしました!
なんてったって、手動!なんですよ!!!!
こんなものはアメリカの映画でみただけなので
本当びっくりですね。
記憶が確かなら、
戦前にできていたとかとのお話でした。
で、調べてみました。 奥野ビル
[PR]
by daichi_net | 2007-02-12 16:40 | 日々つれづれbabaの日記