ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ご飯ぬきダイエットじゃ脂肪は減らない!

ご飯ぬきダイエットは、より太りやすい体質をつくってしまいます。

ダイエットをするとき、ご飯などの糖質を減らすと体重はすぐに減ります。
しかし減ったのは脂肪ではなく、

グリコーゲンと水 !

グリコーゲンが消費されるときには、
その3倍にあたる水分も同時に脱水します。

そのためすぐに体重は減少します。

But! グリコーゲンは脳の唯一のエネルギー源なのです。

再び糖質をとると
身体は優先的にグリコーゲンを水と共に蓄え、すぐに体重は元に戻ります。
このときご飯などの糖質が十分に取れないと、
脳は筋肉のたんぱく質を分解して栄養源にするので、

その結果、

筋肉はやせ細りエネルギーを効率的に消費しにくい身体、
つまり太りやすい体質になってしまいます。

ご飯を抜くダイエットでは一時的にダイエットできても
脂肪を減らすことはできないのです。

ですから健康的な体作りをしていくために、
何をすればいいのか立ち止まって考えてみてください。


ではこれよりご飯の特徴を紹介していきます。

○満足度が高い
 ご飯は噛み応えがあるので、噛むことによって摂食中枢が
 刺激されやすく満足感が得られます。
 よーするに、ご飯だけではカロリーオーバーになるほどたくさん
 食べることができないということです。

○身体にやさしい
 ご飯に含まれているでんぷんはゆっくりと消化されて、
 血糖値の上昇が穏やかなので私たちの身体に負担を
 かけず、腹持ちもよくて体脂肪にもなりにくいという
 特徴があります。

○ストレスを和らげる
 ストレスを受けると脳内物質のセロトニンが減るのですが、
 ご飯や甘いものなどの糖質には、このセロトニンを増やす効果が
 あります。

○便通が良くなる
 食物繊維が多いので便通が良くなります。

○食後に脂肪を燃やす
 炭水化物は食後に代謝を高め、脂肪を燃焼する働きがある。
 (食事誘発性熱産生の効果が高いです)

○満腹になりやすい
 脳のエネルギー源であるブドウ糖が多く含まれているため、
 脳が早く満足感を得てくれます。  

○かさがある
 エネルギーオーバーになるほど食べられません。
 
理想の食事としては、
ご飯中心で、特に和食がいいのではないでしょうか。
[PR]
by daichi_net | 2007-06-27 10:10 | カラダの話

湿布の話

怪我をした時によく「湿布をして冷やした」と言う方がいますが、
これは間違えです。
湿布には冷やす効果がありません。

一般的にいわれる冷湿布は、
冷たくするのではなく、冷たく感じるだけなのです。
ハッカの飴を舐めて、スースーするのと一緒です。

温湿布も温度を上げるものではなく
、唐辛子の粉等によりあったかく感じるだけなのです。
唐辛子エキスは刺激が強いので、
肌が弱い人はかぶれの原因となりますので、気をつけてください。

ですので、怪我をした時には
まず氷と水をビニール袋に入れた物等で

冷やすことがまず第一、大切です。

何もなければ濡らしたタオルを乗せておくだけでも
気化熱により冷却されます。

d0083464_125216100.jpg


湿布にも水分を多く含んでいる物は冷却効果があります。









d0083464_12523396.jpg

最近はあまり見かけないかと思いますが、
泥状の物体を和紙と油紙に包んで貼る湿布です。



この湿布は水分を含んでいるので、熱を吸収してくれるんですね。

冷やした方がいいか、温めた方がいいか迷った時には、
まず冷やした方がいいでしょう。

炎症期(熱感、腫れ、痛みなど)は
温めたり、お酒を飲んだりと、循環を促進してしまうことを行うと、
状態が悪くなる事がありますす。

冷やすことで悪くなる事はほとんどないので、
ぎっくり腰や筋肉痛なども含め怪我をしたときには、
炎症ですので、まずは冷やす事をお勧めします。
[PR]
by daichi_net | 2007-06-16 09:18 | 日々つれづれbabaの日記

いい姿勢を作る菱形筋

ボディライン(姿勢)を維持するのは、
年齢を重ねるにしたがって難しくなってきます。

ボディラインが崩れてくると、見た目の問題だけでなく、
肉体的にも大きな負担がかかってきますので厄介なもんです。

年を重ねることによって背中が曲がる、
丸まるというのは、ボディラインの崩れといっていいでしょう。

では、どうして背中が曲がってしまうのか
・・・原因は背中の筋肉の衰えなのです。

左右の肩甲骨と背骨をつなぐ「菱形筋」と言う筋肉が衰えてくると、
肩甲骨と背骨が離れてしまいます。

それは、肩を前方に引っ張る胸の筋肉の力が強いからです。

菱形筋は肩甲骨を背骨のほうに引っ張る作用があります。

ですから、

常に肩が前に引っ張られないように
菱形筋は緊張していなければならないのです。

それが衰えてくると、当然肩甲骨と背骨は離れていきます。

さらに、肩甲骨と背骨が離れると、
重心が前に移るために、お腹を引いて膝を曲げ、
バランスをとろうとします。

すると、

骨盤が後ろに傾き体全体の骨格が歪んでしまうというわけです。

これが背中を曲がる原因なのです。


ところが菱形筋の衰えは高齢者特有のものではありません。

20代の女性にもたくさんいるのです。
肩にかけたハンドバッグをよく落としたり、
歩いているときに手のひらが後ろを向いていたら要注意です。

ほかにも、菱形筋が衰えると困った問題が起こります。

それはバストアップしようとトレーニングを始めても、
なかなか効果が上がらないということです。

というのも、背中が丸くなった状態で胸の筋力のトレーニングをしても、バストアップすることが出来ないからです。

バストアップするためには、
まずは菱形筋を鍛えなければなりません!

菱形筋を鍛えて肩甲骨を引き寄せるだけで、
見違えるほどバストアップするはずです。
[PR]
by daichi_net | 2007-06-14 10:45 | カラダの話

患者さん???

d0083464_14151836.jpg
最近、うちの接骨院の前に、よく猫が遊びに来ます。
毎回くるのが違うのですが、
ま、それはいいとして、
これっていいんですかねー・・・
ちと考え物です。

この間なんて、
入り口の前にドカッと座ってしまって、
足立の猫は態度がでかいことでかいこと、
ナカナカどいてくれませんでした、
これって営業妨害?!なんて(笑)
[PR]
by daichi_net | 2007-06-08 14:21 | 日々つれづれbabaの日記

気圧と身体の関係

6月は雨が多くて、なんとなく憂鬱になりますね。
すぐにカビが生えるしね。
梅雨時はよく腰が痛くなったり、膝が痛くなったり、
古傷がうずくようになる方が多いようです。

なんででしょう?

証明されていないことで、あくまでも説なのですが、
梅雨=低気圧です。
気圧が低いというのは私達の身体を圧迫する力が弱まると言う事です。
よく腰が痛い人はゴムのバンドをしたりすると楽になりますよね。
その目的は腹圧を高める為です。
また、怪我をした際の応急処置にも冷却・挙上と共に圧迫を行います。

気圧が下がりますと空気が身体を圧迫しなくなる訳ですから、
大袈裟に言うと各関節が体内から腫れたり、膨らんだりするという事です。
その為関節が痛むというのです。

圧力(重力も)は人間にとってなくてはならない物で、
例えば宇宙飛行士が宇宙へ行って1番最初に萎縮する骨はかかとの骨なんだそうです。
圧力も大切、体重も大切と言うわけです。

・・・かといって太った方がいい!というわけではないんですけどね(笑)
[PR]
by daichi_net | 2007-06-06 19:33 | カラダの話
d0083464_922320.jpg

昨日、karada+(からだぷらす)主催で体験ボクシングを実施いてしました。

加圧トレーニングの会員さん、接骨院の患者さん、
マラソンサークルの仲間?(昔勤めていた整形外科の患者さん)ら8人が集まり行いました。

写真は参加者と私も含め、今回の講師、野口ボクシングジムの会長と、
7月に試合を行う予定の吉川選手もいます。


ストレッチからはじまり、骨盤体操、シャドウボクシング、ミット打ち、
サンドバッグ打ちを行い、
私もいいとこ見せようとサンドバッグ打ちに参加してしまいました。
・・・少々大人気なかったですが。


日常生活の中で「殴る」という行為は、
健康な生活をしている方にとっては、
まずない行為だと思います。
なので、普段ボクシングジムというものに縁のない方にとっては、
これとない「殴る」機会、
いやストレス発散のいい機会になったのではないでしょうか(・・・うまくできなくて中にはストレスを感じてしまった方もいたかもしれませんが)。

ただ、「殴る」コトばかりでなく、正しい体の使い方を学び、
ボクシングのエクササイズを行うことによってストレス発散だけでなく、
シェイプアップの効果、健康的な体つくりへの効果は大きいものです。
・・・ま、楽しく出来れば、それほどいいことはないですよね。

「楽しく運動する習慣をつける」そんな一つのきっかけ作りに、
karada+(からだプラス)は少しでも貢献できればと思ってます。
karada+を通じて、
加圧トレーニングが運動をする一つのきっかけになり、
将来を通じて楽しく出来る運動に巡りあえるよう、
またいろいろと企画していきたいですね。

写真はすべてのエクササイズが終わった後に、
写真を撮ることを忘れていたことに気ずき、
そのため私服姿になってしまいました。
いやいやお恥ずかしい話で(^^;)
[PR]
by daichi_net | 2007-06-04 09:47 | karada+(からだぷらす)