ダイエット、運動しなきゃと思っている人に、加圧トレーニングを含めた効率的な運動処方箋を公開していきます


by daichi_net
カレンダー

<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

肋骨打撲の痛み

40歳、男性
5日前にバイクに乗り転倒(自爆)
すぐに病院にてレントゲン検査するも異常なし。
すべてはレントゲンでは分からないからもしかしたらひびでも入っているかもしれないね、と言われ終了とのこと。
痛みは続き当院来院。

症状 呼吸痛若干(+)、体幹回旋にてPAIN(+)特に右回旋に制限あり
    圧迫痛(-)


症状としてはそれほど強くはなく、あっても微細損傷程度と思われる。

左胃経が原因経絡と見て、
まずは陰陽交叉にて肺経に求めるのも無効。
伸展テストの概念から胃経の中足骨間に求めると、衝陽でヒット。症状一気に低下。
そこにイエローテープを貼るとほぼ痛みは0に。
後は患部にスパイラルテーピングとして終了とした。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-29 09:21 | 臨床雑記 胸郭の痛み

くしゃみによる痛み

41歳 女性
くしゃみをした際、右あばら骨が痛くなり、整形外科受診。
レントゲン上、骨には異常がなかったとのこと。でも、奥のほうにあるかもしれないといわれたようです。

症状 右第8、9肋骨乳頭線上にTOP(+)、深呼吸にてPAIN(+)
    忙しかったので、細かい精査はせず
    ヒビでもはいっているのか、肋間筋の挫傷なのでしょうか、施術開始。


脾経か胃経か胆径かそこらへんで考えると、陰陽交叉では大腸経、肺経、心包経である。
まずは陰経の肺・心包経のゲキ穴である
孔最、ゲキ門から経絡上に圧痛点を求めるも無効。
次に大腸経へアプローチ。
大腸経では、手三里、合谷が特に反応するので、
手三里で試みると、呼吸痛はなくなりました。
そこに銀粒で終了しました。

この施術で痛みが治まるということは、くしゃみによる筋性の症状だったのでしょうね。
おもしろい。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-25 18:29 | 臨床雑記 胸郭の痛み

stretch

普段土曜日にkarada+に加圧に来ていただいている会員さんが、
首の痛みがあるということで会社帰りに接骨院にいらっしゃいました。

症状  左僧帽筋、肩甲挙筋。動作痛は全体的に怖くてしっかり動かせない。
     特に左回旋、側屈により痛みは強い。痺れ、MMTはNP

まずは骨盤以上の関節の可動を調整。
その後に末梢経穴、心包・三焦経でとると左回旋・側屈の痛みは消失、緑テープ。
改めて動作痛を確認すると、若干右への前屈にて肩甲挙筋に残存していたので、小腸経の兪穴にアプローチし赤テープ、最後に症状部位に黄テープを張って終了しました。

この症状の場合は、以下のストレッチが有効です。
d0083464_11165914.jpg

d0083464_11171493.jpg

d0083464_11173638.jpg

d0083464_11174833.jpg

d0083464_111827.jpg

すべて左側を行うといいでしょう。
なお、足の経穴(つぼ)でも反応がありましたので脚も合わせて行うと効果的ですね。
ストレッチしながら、伸ばしているところを押したり、もんだり、さすったりするとなお効果的。
上記のストレッチを行った後に、
症状部位のストレッチをして最後に肩をグルグルと数回まわしてください。
これである程度の症状が改善します。
自宅などで一日に数回行うといいでしょう。

接骨院では、どうしてもたまにしか通えない方には、ストレッチメニューをお渡ししています。
その方にあったオーダーメイドなメニューになります。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-23 08:26 | 臨床雑記 頸の痛み
今日は風が強いですね。
なんだか生暖かく、雨の予感がします。

karada+でのセミナーの案内です。

走り方って習った覚え、あまりないですよね。
最近はマラソンブームとなり、いたるところで走っている方を見かけるようになりました。

運動をする習慣をつけることは非常に大事ですね。
ただ、健康的に行うには、ただ走るということだけでは、逆に身体を壊してしまうこともあるかと思います。

走るとすぐに疲れたり、効率的なジョギングを身につけたい方は、
効率的な走り方っていうものを習ってから行ってみるのもいいのではないでしょうか。
私も手伝いがてら参加します。


ジョギングセミナー
5/31(日) 9:30~11:30   足立区生涯学習センター5F研修室1

●受講料      2,650円
●定 員      30名
●講 師      山口 敬志 氏
           健康運動指導士(メタボやダイエットプログラム)
           フィットネスモチベーター(行動変容を変える)
           関節マニュアルアプローチマスター(身体の動きを効率よくする)
           JCCAアドバンストレーナー(姿勢を改善する)

●受講対象    効率的なジョギングを身につけたい方
           走るとすぐに疲れる方
           クライアント様などに効果的なジョギングの案内をしたい方

●内 容      効率的な歩き方、走り方のためのストレッチやドリル
●準 備      運動できる服装、外用ランニングシューズ、タオル をご用意下さい。


申し込みはこちらにて承ります → mail@karada-plus.com
[PR]
by daichi_net | 2009-05-22 15:38 | karada+(からだぷらす)
013.gifメタボに朗報! お酢の継続摂取が内臓脂肪を減らす

ミツカングループは14日、お酢を継続的に摂取することで、内臓脂肪が有意に低下することを臨床試験で実証したと発表した。同時に、血中中性脂肪、体重、BMIおよび腹囲を有意に下げる作用があることも確認したという。
試験対象者は、BMIが25~30kg/m2、血中中性脂肪が100~250mg/dL、年齢が25~60歳の男女175名(男性111名、女性64名)。

対象者を、1日あたり食酢を15mL摂取する群、食酢を30mL摂取する群、プラセボ(擬似食品)を摂取する群の3群に分け、二重盲検試験として行われた。各量の食酢は500mLの飲料に含まれており、朝・夕食後に250mLずつ摂取した。試験期間は摂取前の症状観察期間(3週間)、摂取期間(12週間)、摂取後の症状観察期間(4週間)の計19週間。

その結果、 内臓脂肪と総脂肪(内臓脂肪+皮下脂肪)は、1日あたり食酢15mLの継続摂取によりプラセボ摂取に対して有意な減少量が認められたという。

試験の結果は、5月21日に長崎市で開催される「第63回日本栄養・食糧学会大会」で発表予定で、日本農芸化学会の英文誌「Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry」(2009 Vol.73 No.未定)にも掲載される予定だという。

詳細はこちら → ミツカン


データをみてみると、へそ周囲径は12週間での変化は1cm強といったところ。
もちろん体格にもよりますが、お腹をキュッと締めるエクササイズを生活の中で行なうほうが断然いいですね。

こういった情報”お酢の継続摂取が内臓脂肪を減らす ”は人の目につくものです。
見出しだけを読んで判断する人もいるでしょうね。
生活の中に”お酢”をとるという習慣は非常にいいと思いますが、
少しブームになるとそればかりとってしまうのが人というもの。
なにごともバランスよくです。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-21 10:08 | 今日の時事

うれしいこと

017.gif巨人、投打の歯車狂い交流戦黒星スタート

この記事 ↑ 、題名を”日ハム快勝”とするべきですね!
なんでかって何をかくそう私は生粋の日ハムファンです!小学生のころからファンやっていました。・・・ただしチームの調子がいいときだけですが(汗)
巨人に勝つってのは、どのチームに勝つよりもうれしいものですね。

それよりも気になるニュースが ↓

006.gif日本ハム・中田、一軍初昇格へ
d0083464_836131.jpg

これも個人的に嬉しいことです。
記事の通り怪物候補が一軍デビューするかもです。
彼が怪物となれば、投のダルビュシュ、打の中田と投打がさらにかみ合い、日ハムの長期政権になるかもしれません。
楽しみです♪



昨日は銀座へのパーソナルの指導に行きました。

そこでの指導はより”短い時間で効果をだす”ということで行っています。

来ていただく方も、短い時間なので、トレーニングに依存せず行っていただいています。
言い方を変えれば、短い時間なので、自分でやれることはやらねばということに気づいてくれています。この”気づき”が非常に大事です。
はじめは「あーしましょう、こーしましょう」と促すことから始まりますが、
自分の身体に関心が芽生えると、自分で考えることも多くなるようで、質問等も増えてきます。
そうなれば、こっちのもの。
短い時間で行うことによってその方の”自立”のお手伝いができればと思います。

そして毎回実験的にいろいろなことを試しています。
なにより短い時間での指導になりますので、様々なツールを使って、効果を出せる指導を追求しています。
そして一つの形が出来てきています。
いや、正確に言うとできているというよりも、向かっている、いや向かい始めたというべきでしょうか、一歩ずつ確実に進んでいきたいですね。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-20 08:14 | 日々つれづれbabaの日記

最近のブーム

d0083464_816289.jpg

最近、ラジオで2度ほど聞いた歌に心奪われています → ケメ子の歌

検索していたらYouTubeでダーツさんって方が以前歌っていたんですね。
今回は、高田純治さんによって今月末に発売されるようです。

聞いていて思ったのですが、キテレツ大百科のエンディングの歌「はじめてのチュウ」 に似ていてびっくり、ちょっと聞いてみてください。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-19 08:12 | 日々つれづれbabaの日記

王子さんです

昨日は、講習会出席後、家族でお食事をしてきました。

妹宅へ伺ったのですが、そこには甥、姪がいます。
正直私は、年齢的にも否定のしようがないくらい”おじさん”なのですが、
案の定、甥は「おじさん」と言ってきます。
やはりいわれるとなんだか癪に障るものですね。

そこで一つ、
おじさんの”お”と”じ”間を伸ばしていい続けてみました。

「はい、おーじさんにお菓子ちょうだい」とか
「おーじさんとかくれんぼしよう」とか

・・・はい、帰るときにはすっかり”王子さん”となりました
微妙な感じですが、ま、これでいいでしょう。
言わせて見る価値アリですよ(笑)

子供たちと一杯遊びました
いつものお父さんに変わって、たまーに来るいいおじさんを演じてきました。
たまにはいいですよね。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-18 08:29 | 日々つれづれbabaの日記
栄養って非常に大事ですよね。

エネルギー源としても、適切な栄養の補給がなければ何も始まりません。
口から入る栄養のみが自分の身体を作るのだから、
いい身体を作るには、いい栄養を摂る必要があることは当然の話しです。

例えばダイエットの場合、運動と栄養によって身体は作られます。
ただ痩せるだけだったら、食事の量を減らせばいい、それが1番効率的に体重は落とせます。
ただし、必ずと言っていいほどリバウンドします。
それは

短期間で体重が落ちる=筋肉量の減少

だからです。

食事を減らすと、身体は省エネモードになります。
なかなか脂肪というエネルギーを使わない身体になるんですね。
よくいう“隠れ肥満”といわれている方々のことです。

見た目痩せて見えるのに、身体にメリハリがない感じとでもいいましょうか、
よっぽど大柄な方でない限り、体重よりも体脂肪を意識してダイエットに取り組むと個人的にはいいと思っています。

なんせ生まれもって培われた身体は人それぞれ違うのですから、
例えばお笑いの南海キャンディーズのしずちゃんが藤原紀香さんのようになりたいといっても、至極無理というものです。骨格までは変わるわけではありませんからね、ま、あくまでも個人的な見解として。

なので、筋肉をつけメリハリのある身体を作り基礎代謝を上げて、
それと平行して食事を見直すことが非常に大事となります。



「毎日の仕事でストレスをためないためにも好きなものを好きなだけ食べたい」

と思っている人がいるかもしれません。
それもよく分かります(笑)
決してその考えを否定するわけではありませんが、
週に1回のトレーニングをする方の場合、1週間で168時間のうちのたったの1時間のトレーニングで効果をだす為には、せっかく効果のでるのに、安易な考えによって無駄に終わってしまうことは残念で仕方が無い、そう思ってしまいます。

ここで簡単ですが
タンパク質の摂取について簡単に説明したいと思います。

まず、こう考えてみてください。

「たんぱく質」は筋肉の材料となる。木材が無ければ家が建てられないように、「たんぱく質」が足りなければ筋肉は作られない。


私の所属している団体では、
摂取したたんぱく質の質も適切である場合、一日に必要とされるたんぱく質量は体重1kg当たり0.8g~1.0g、競技選手の場合は1.5g~2.0gと推奨しています。
ただし、個人に応じて普段の食事を分析し、摂取カロリーを考慮したうえで必要量を決めなければならない、としています。

摂取カロリーを制限している競技の選手などは、少し多めにたんぱく質をとる必要がありますね。その方の生活習慣などから、必要量は変わると思いますので、あくまでも参考的な数字になります。


前に豆腐のタンパク質の話をしましたが、一般的には1日に必要なタンパク質を摂取できていない方が多いと思います。
身体を作っていくために、たんぱく質をしっかりととることをおススメします。

プロテインの摂取タイミングとしてはいつが良いのか?
まず筋肉が一番発達しやすいのは、トレーニングによって筋肉が破壊され、それを回復しようとする、トレーニング直後の「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間であります。
このゴールデンタイムに、血中のアミノ酸濃度(アミノ酸:たんぱく質を構成する分子のこと)が高く保たれていれば、効果的に筋肉の回復&超回復に使用されるのです。
トレーニング直後に消化吸収の早いプロテインサプリメントを摂取すれば「ゴールデンタイム」を逃さない。


効率的に摂取する為には、プロテインはやはり必要ですね。
[PR]
by daichi_net | 2009-05-15 08:54 | 食事の話
008.gifお酒に弱いのに飲酒・喫煙…食道がんリスク190倍に


この記事、非常にショッキングです。
この記事には、

アセトアルデヒドはお酒で気分が悪くなる原因物質で、たばこの煙にも含まれる。顔が赤くなるのは、アセトアルデヒドの分解能力が弱いためで、日本人の4割がこのタイプ。アセトアルデヒドを作る働きが弱いと、気分が悪くなる前に、ついつい余分に飲んでアセトアルデヒドが増える。

 飲酒・喫煙の影響についても調べたところ、お酒に弱く二つの酵素の働きが弱い人が、1日缶ビール1本以上の飲酒と喫煙をすると、相乗効果が働き、お酒に強く飲酒・喫煙をしない人に比べ、食道がんのリスクが190倍も高くなっていた。


こうありました。
私は飲めばすぐに顔が赤くなってしまいます。
記事によれば赤くなるということは”アセトアルデヒド”の分解能力が弱い為、食道がんのリスクが190倍になるようです。
非常に困りましたね。
とはいえお酒の習慣をやめるつもりはないのですが(笑)
[PR]
by daichi_net | 2009-05-14 18:36 | 今日の時事